新しいコロナウイルスの問題で、世界の経済が悪くなっています。

OECDは世界の経済が成長する割合を予測しました。今年はマイナス4.2%になります。しかし、来年、プラス4.2%になって、ウイルスが拡がる前に戻ります。中国が来年8%と大きくプラスになることや、コロナウイルスのワクチンができると考えているからです。しかし、経済が戻るのは中国や韓国など一部の国だけです。日本など多くの国は戻るまで、時間がかかります。

日本の経済は、今年マイナス5.3%で、来年はプラス2.3%です。来年、東京でオリンピックとパラリンピックが開いた場合でも、戻ることはできません。OECDは、経済をよくするために、色々な働き方ができるようにしたり、もっとオンラインで仕事などができるようにしたほうがいいと言っています。