原文

思春期を迎えた最近の子どもがストレスに弱いのは、それまでの発達過程で適度にストレスにさらされる経験を十分にへてこなかったことが深く関係している。しかもそれは、彼らが社会化を十分に遂げてこなかったことと等しい。というのも、10代前半までの子どもは、それまでの生活圏を出てよろ広い社会的文脈のなかでいかにして自己を実現させるかという課題に取り組むなかで、もっとも強くストレスを味わうからにほかならない。

(正高信男「父親力」中央公論新社による)

問題:筆者は、思春期を迎える前の子どもにとってどんな経験が必要と考えているか。

  1. 家庭の外の社会で多くの社会問題に取り組む経験。
  2. 日々の生活の場で自分自身と向き合うような経験。
  3. 広い社会の中で自分を鍛えることができるような経験。
  4. 日常生活の中で個人の発達段階に応じた役割を担う経験。

翻译

迎来青春期的最近的孩子容易受到压力,和截至目前的成长过程中没有充分经历过被暴露于适当的压力的经历有很密切的关系。而且那种情况,相当于他们没有充分实现社会化。之所以这么说,正式是因为,10 岁出头的孩子,走出在此之前的生活圈,在更广泛的社会环境中想方设法解决追求实现自我价值的这个课题时,才会更强烈的感受到压力。

问题:笔者,觉得对于迎接青春期之前的孩子来说,什么样的经验是必要的。

  1. 在家庭以外的社会中,解决很多社会问题的经验。
  2. 每天的生活场景中,面对自身那样的经验。
  3. 在广阔的社会中,能够做到锻炼自己的事情那样的经验。
  4. 在日常生活中,担负起对应于个人发展阶段的任务的经验。

解析

单词

  • 晒す(さらす):晒、暴晒;暴露;
  • 発達(はったつ):注意发音;有促音;
  • 遂げる(とげる):达成、实现;
  • 等しい(ひとしい):等同、相当;
  • いかにして:想方设法;
  • 取り組む(とりくむ):解决;
  • 鍛える(きたえる):磨练、锻炼;

语法

というのも〜から〜

意思:之所以这么说,是因为……;
接续:というのも + 小句 + から〜;

〜にほかならない

意思:正是……;无非是……;不外乎是……;除此之外没有……;
接续:小句 + にほかならない;