原文

食器のバラエティこそ、日本のやきものの特色の一つだと思います。そして、日本人のやきものに対する思いとか愛着は、食器のみならず、種類の豊富さにあらわれているといってもいいでしょう。

私たちは食事のたびに、もちろん料理も食べていますが、知らずに目で食器も食べているのです。だから興味・関心がないというのは、不注意なだけなのです。すでに下地はできているのですから、あと一歩踏み込めば、やきものに興味・関心がグッと深まるはずなのだと思います。

(江口滉「やきものの世界」岩波書店による)

問題:筆者の考えに合うのはどれか。

  1. 食事のたびに食器を眺めることで、陶芸品への愛着が強まる。
  2. 日常使う食器に注意を向けることで、陶芸品への関心が高まる。
  3. 食器を通して陶芸品に興味を持つことで、芸術全般への関心が高まる。
  4. 家庭にいろいろな食器を取り入れることで、陶芸品への愛着が強まる。

翻译

我觉得餐具的多样性,正是日本陶瓷的特色之一。于是,日本人对于陶瓷的爱慕和留恋,不仅是餐具,在种类的丰富性上也可以说是表现了出来吧。

我们在每次吃饭时,当然在吃料理,在不知不觉中也用眼在吃餐具。因此说没有兴趣或关心,只是没有注意。我觉得因为已经形成了底蕴,再往前踏进一步的话,对于陶瓷的兴趣或者关心应该会极大加深。

问题:和笔者的想法相符的是哪个。

  1. 通过每次吃饭时注视餐具,对陶瓷的留恋就会加强。
  2. 通过对日常使用的餐具的注意,对陶瓷的关心就会提高。
  3. 通过由餐具对陶瓷感兴趣,对全部艺术的关心就会提高。
  4. 通过在家里引入了很多餐具,对与陶瓷的留恋就会加强。

解析

单词

  • バラエティ:最早知道这个词是通过综艺节目知道的,以为专指综艺节目。后来才知道是多样性的意思,英文是 variety;
  • 食器(しょっき):注意读音。正常来说应该是 しょくき,但是 くき 连起来的话会变成促音;
  • 特色(とくしょく):注意读音;
  • 愛着(あいちゃく):留恋;
  • 種類(しゅるい):種 不是长音;
  • 下地(したじ):基础;
  • 踏み込む(ふみこむ):踏入;
  • グッと:使劲地、猛地;大大地;

语法

〜のみならず

意思:不仅,不但;
接续:名词/形容词/动词 + のみか/のみでなく/のみならず

〜といってもいい

意思:也可以说……;
接续:小句 + といってもいい

疑问

「〜ことで」 表示原因还是方法

「で」 主要有三种意思:在、原因和方法。而在选项里面的 「食事のたびに食器を眺めることで」,是表示原因呢还是方法。

「陶芸品への愛着が強まる」 为什么翻译成就会

之前为了查 「ことで」 的意思,问了一句 「4分間抱き合うことで、愛は深まる?」 的句子,得到的翻译是“通过4分钟的拥抱,爱会加深”。同样在选项中答案的解析也是翻译成“对于陶瓷的留恋会加深”,如果翻译成“会”的话,不是应该是用可能形吗?