気象庁によると、とても冷たい空気が日本の空に入って来ています。このため、北海道から中国地方の日本海側なので雪がたくさん降っています。特に新潟県と群馬県の山の近くでは、16日朝までの24時間で雪が1メートル以上降りました。

雪はこれからもふり続けて、17日の朝までに山の近くでは、1メートルぐらい降るところがありそうです。

気象庁は、道が凍ったり雪が積もったりしているところでは、運転に気をつけるように言っています。山から雪が崩れて落ちてくるかもしれないので、気をつけるように言っています。