日本に来た外国人の中には、新しいコロナウイルスの問題で、自分の国に帰ることができない人がいます。自分の国で外国から帰ることの決まりが厳しくなったり、国に帰る飛行機が少なくなったりしているためです。

国に帰ることができない外国人の中には、生活に困っている人がいます。

このため、日本の政府は12月1日から、このような外国人は日本で仕事をする資格を持っていなくても仕事をしてもいいことにしました。

アルバイトをしたい人は、出入国在留管理局などに書類を出す必要があります。アルバイトができるのは、観光や仕事のために短い間だけ日本にいる人や、働きながら技術を習う技能実習生など、二万千人ぐらいです。